シエロブログ

2019.08.23

新築を建てる際の土地探しについて

こんにちは、シエロホームの増島です。

「家が欲しい」!というときあなたなら最初なにから始めますか?

① とにかくマイホームセンターへ行く

②近くの工務店に相談する

③ 近所の不動産屋さんに相談する

・・・実は①~③は完璧な正解とはいえません。

すぐにファイナルアンサーを出すのは危険。

本当に最初にやらねばならないことは

「どこで暮らしたいか」をはっきりさせることなのです。

「ここで住みたい」と決まれば、

先ほどの①~③をはじめればいいでしょう。

コスト面から選ぶ

次は予算です。

土地と建物をセットにすると、

東京の利便の良いところなら

1億を超える可能性もあります。

しかし、ある程度地方の郊外で

50坪で4LDKの家を建てるなら

安くて土地建物でオール4,000万円で建つものもあるでしょう。

ただ、山の中であれば

ライフラインをイチから自分で工事して

思ったよりも結果的に負担が増えちゃう可能性も・・。

「コスト面」からいうと

古い家が付いている土地のほうがお安いのです。

街中に住みたいと考えている方なら

検討してもいいのでは。

家が付いているということは

ある程度「ライフライン」がしっかりしています。

ただ、行政によっては

水道管を新しいものに変えてくれと要請があるかもしれませんが

中には行政が負担してくれるケースもあります。

土地を決める前に住みたい自治体に確認するのもよいでしょう。

 売の土地もお見逃しなく

新築住宅といっても1ククリにはできません。

最初から設計をする「注文住宅」や

間取りなどが決まっている「規格住宅」

もうすでに立った状態で売り出している「建売」

最初から家の作りに拘るなら、「注文住宅」がよいでしょう。

しかし、コスト面からいくと

「建売」が最も安く済みます。

建売は上モノ(建物価格設定)自体が安いのです。

そこには、「特定の住む人の要望」ではなく

万人ウケする希望が詰まっているからです。

家族全員の希望が叶う土地が一番

交通の便もよく

良い雰囲気の学校が近くにあり

お安く

ご近所付き合いもよく

かかりつけの病院も近く

スーパーやコンビニも近く

オマケに手ごろな値段

しかもある程度土地が広い

なんて、パーフェクトな土地は

この世の中に存在しません。

中には、途中で開発されて「便利」になる土地もありますが

数十年先なんて分かりませんよね。

何を一番優先するかで、土地を決めていきましょう。

立地か、建物か、コストかですね。

それは、人それぞれの価値観です。

土地は決して安い買い物ではありません。

慎重に探していきましょう!!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Category List

Feed

Search This Blog